彼氏との海外旅行が決定!でもお金が足りない時に役立ちました

彼氏と海外旅行へ行くことになった時、ネットでお金を借りたいと思いました。
その当時、手元にあるキャッシュでは明らかに足らない状況でしたが、旅行を諦めることは出来ませんでした。

クレジットカードは持っていたので、カード支払いで乗り切ろうかとも思いましたが、海外でクレジットカードを使うのは危険があると聞くので、その案は却下となりました。

親にお金を借りようかとも思いましたが、彼氏とのお付き合いは内緒にしていましたし、娯楽の為に貸してくれるように思いませんでした。
友人に借りて、もし迷惑を掛けることがあったら嫌だったので、それも却下となりました。

色々考えた結果、クレジットカードを使って、カードローンを利用することにしました。
これなら誰かに知られることもなくお金を借りることが出来ますし、すぐに手元にキャッシュを得ることが出来ます。

初めての利用だったので緊張しましたが、借りたい金額や支払い方法を選ぶだけで容易でした。
また、人に見られにくいよう配慮された造りになっていたので、一目を気にすることなく済みました。

その後無事に海外旅行へ行ってきました。
やはりキャッシュに余裕があると心にゆとりが出来て、旅行を思う存分楽しむことが出来ました。

ウィンドウショッピングは物欲を刺激する

貧乏暇なしと言う言葉はあれど、大不況の世の中では貧乏でも暇ばかりと言う状況が多々あります。折角の休日にお金は無いからと引き篭もるのは勿体無い、そう思い街へ歩き出すと物欲が騒ぎ出し、財布の中身が空っぽでもあれが欲しいこれが欲しいと始まります。

過去に欲しかったが当時は手に入らなかった中古デジタルカメラ、時代の流れと共に過去は10万近い金額だったが気付けば5万円を切る価格で販売されていると今すぐにでも購入したくなりますが、先立つ物が無い。

そんなお金が欲しいときは、本当に必要なものなのか、この商品が無いと生きる事が出来ないのか、自分に問いかけて今買うべきかを客観的に見て最終的に購入を諦めます。

但し、我慢を繰り返したとしても最終的に行き着く先と言うものはクレジットカードと言う魔法のカードで購入してしまうのがいつものオチだったりします。

極限まで物欲を抑えて手に入れた商品は、月末の支払日に怯えつつ、例え中古商品であっても通常より愛着が湧くものです。

お金がないので出費を減らすようにしました

自分は給料日から次の給料日までの一ヶ月間の予算を予め決めています。しかし時には次の給料日が近づくにつれてお金がないと感じることがあります。

知り合いや金融からお金を借りることに抵抗があります。だから出費を減らすことでお金不足を解消しようと考えました。

例えば昼食。普段はコンビニで買うことが多かったのですが、食費削減のため弁当を持参するようになりました。中身はシャケや昆布のおにぎりを二個というシンプルなものです。

普段もパンやおにぎりなどを買うことが多かったので、手作りかそうでないかの違いしかありません。

次に娯楽費。私は本が好きなのでよく購入していたのですが、図書館の利用を増やしました。元々何度も読む本は滅多になく、それなら借りるだけでいいやと思ったのです。

他にも近場の場合は自家用車ではなく自転車や徒歩にすることでガソリン代を削ったり、こまめに電気を消したりしています。

お金がないときだけ出費を減らせばいいのかもしれませんが、最初から出費を減らしたほうがお金も貯まるし後になって焦ることもないしで一石二鳥ですよね。

お恥ずかしいですが、お金を借りやすい親に出してもらいました。

元々特に結婚費用としてではなく貯金をしてきて、結婚する頃にはそこそこの額になっていました。(当時私が社会人4年目、夫が社会人6年目。)
結婚が決まった時も、もちろんその貯金からそれぞれの家の分を出すつもりでおりました。
※招待人数によって細かく計算して二人で支払う金額を決めたのですが、それって細かすぎたんですかね^^;

しかし両家の両親たちは既に「結婚費用」として別途貯金をしてくれていました。
二人共に貯金がある旨を伝えましたが

「ここまでは親の出番だから!」

と強く言われてしまい、良い年をして恥ずかしいのですが出してもらう事になりました。

でも、両家がそれぞれ出す気満々である意味よかったと思っています。
もし両家で考え方が違った場合、色々すったもんだあった気がするのは私だけでしょうか。

結婚式の準備は主に私が進めて、プランナーさんとの見積もりのやり取りも私が担当していました。
ですのでちょっと細かすぎる位にそれぞれの家の分ごとに見積もりを作り直して、あちらのご両親にお渡ししました。
これが結構大変だったのですが、「お金」に関する事は一番もめ事が起きやすいのでこれで良かったのだと思います。

http://お金借りやすい.com/

借金の相手

私は、比較的お金にルーズだと自分で思います。
良く友人にお金を借りるし、返し忘れていたことも何度かあります。

友人に借りた場合、大抵はすぐに返します。
ただ、持ち合わせがない状況で借りた場合、返済は遅くなります。
期限がないことに甘えてしまうんです。

結局、借りた友人から催促が来て、「~日にお金が入るからその時に返す」
と、期限が決まってから、返済をします。

自分でも悪い癖だと思っているのですが、なかなか治せない。
友人にお金を借りる理由は、決まって遊びに行くためです。
身の丈に合わない遊び方をしているんだと思います。
その友人も、一緒に行くために貸してくれるため、断りにくい部分もあるのですが、自分が甘いんだと思います。

目的があれば、借金はある程度はしょうがないと思います。
価格が高いものもありますから。
住宅、車、学費。
その手のものは、友人から借りてしまうと、もう友人では無くなってしまいます。
債権者と債務者です。借用書も書かないといけないでしょう。
その時は、銀行です。完全に契約です。期日どおりに返さなければ、人生が狂うと思います。

自分は、借金は悪いものだという考えを持っています。
ですが、融資は利用しないといけない場合があると思っています。

相手によって自分の感覚が違うし、目的によっても感覚が変わります。
ただ、遊ぶお金を銀行や、金融会社からは絶対に借りないです。

給料日目前 お金がない

お給料日の数日前ってお金がなくって困ってしまうこと、よくありますよね。冷蔵庫に対して食材もない。なんてことも時にはあります。

・給料日まであと3日でお金がない時はどうしますか??

私は全くお金がないという経験はありません。でも、食材がお米以外ほとんどない。所持金1000円弱ってことはよくあります。

私が住んでる地域にあるスーパーは、
豆腐30円以外
もやし9円
鶏むね肉48円/g
で常に値段の変わらないスーパーがあるので、この3品を購入して乗り切ります。

あとは閉店前の時間や開店すぐの時間は、「おつとめ品」が多いので、利用します。

・支払日まであと3日で預金口座の残高が不足している場合どうしますか??

口座引き落としの支払が月末なのは、電気くらいしかないので、不足してしまうことはほとんどありません。
生命保険料など給与天引き出来るものは天引きを利用して不足しないようにしています。

・お金を借りることを考えますか??借りるのはどこからですか??

お金は極力、借りずに生活したいので基本的には考えません。
借りてしまうと翌月の生活もきつくなってしまいますから。

どうしても借りないと生活出来ない場合は、自分の親に頭を下げます。